Members

シンジ

藤原新: 時計アラタモデル、SUUNTO t6d (スント)  [ 04 SHINJI RUNNING ]

2012/04/23

マラソンの五輪日本代表に選ばれた藤原新がトレーニング方法についての日経のインタビューに答えている。その中で、心肺能力の強化に有効な心拍計を使ったトレーニングについて書かれていた。

心臓はたくましい。甘えさせず、いい刺激を与え続ければ、それだけ機能がアップします。

これは確かにそうなのかもしれない、心臓に刺激を与え続けるトレーニングをするために心拍計が必要だと思い、さっそく調査開始。
そして、彼はスントのモデルを使っているらしいということがわかった。

で、実際にスントの時計を買ってみた。
自分が買ったのはこちらのモデル(SUUNTO QUEST BLACK)

ベルトが付属していて、デジタル信号で時計に送られた心拍数をレコードしておいて、トレーニング後にPCに接続したUSB受信機経由でインターネットに自動でデータをアップロードできる。
グラフ化も同時にしてくれるのでその日のトレーニング負荷が手に取るようにわかる。

もちろん、そんな機能を藤原新も使っていた。

彼のFacebookページにそのトレーニングデータへのリンクがあり彼の練習状況を覗き見ることができる。(arata's running Move
実に170以上の負荷をかけてインターバルトレーニングしている様が見て取れる。そして、彼はなんと1キロを2分50秒で走って追い込んでいた!!

その記録の中に彼の使っているモデル情報を発見。
arata-t6d.png

t6c/d

新しいモデルだったら t6d を使っているということだろう。


SUUNTO(スント) t6d BLACK  S015843000 【日本正規品】SUUNTO(スント) t6d BLACK

さすがに5万円もするモデルは高いけど、これを使ってあなたも次回リオ五輪マラソン代表を目指してみるのもどうだろうか。

ちなみに、藤原新はトレーニングデータとともにそのときのランニングビデオも公開している。3km×5のインターバルトレーニングのもの。3分を切るスピードとフォーム、これはなかなか感動ものだ。

Entries of Category "04 SHINJI RUNNING"

★ スタート500mで!! (第62回別府大分毎日マラソン大会)
PTE5.0での走り込み二週間の結果
GPS ウォッチ SUUNTO AMBIT(スント アンビット)でトレーニング開始!
2013年はTARTHERZEAL(ターサージール)で勝負!
藤原新: トレーニング的位置づけの福岡国際マラソン

Trackbacks

SMORI with Tokyo

powered by smori.com
www.smori.com
admin@smori.com