Members

シンジ

★ シンジ史上最速 (2011いわて北上マラソン大会)  [ 04 SHINJI RUNNING ]

2011/10/14

前回湘南マラソンでリタイヤして以来、約三年ぶりのフルマラソン出場。結果は3時間10分を切る自己ベストでのゴール。40m級のアップダウンが3回ある厳しいコースだったけど、平均4分半のペースが守れた良いレースでした。

kouteizu_b.jpg

前日にコースの下見ができたのがよかった。急坂の勾配や距離、残りのコースの感覚がつかめて精神的に走りやすかった。もともと皇居5kmでも19分12秒の自己ベストを出したばかりだったので、ちゃんと走りきれば足がつって多くのロスがあった自己ベスト(東京マラソン)を上回る自信はありました。入り込みから4分30秒以内と若干押さえ気味に行ったところがよかったのかも。

北上駅からの7:40発バスに乗って競技場到着。

スタート 8:50
多少肌寒いもやのかかる競技場からのスタート。競技場を出てすぐ1kmの標識。4分ちょっとと少し早め。いきなり下り坂なので特にペースを落とさずフラットになる3kmまで行ってから4分半のペースに落として5kmを21分19秒のサブスリーペースで通過。

5km〜10km
8kmの関門までフラット。途中在来線をくぐるアップダウンがあるけど、基本的にフラット。15km付近の40mアップダウン2発があるので、ここはペースを落とさず22分で通過。

10km〜15km
13kmでいきなりの登り!!
前日に見ていたけど、かなりの登りでここはピッチを上げてクリア。15km付近までは登りがメイン、でもなんとか22分半のペースはキープして切り抜けた。

15km〜20km
先ほどの登りを全て下ってその調子でペースを上げたままキープ。そして唯一のV字カーブを右に切ったら目の前に広がる横倉の壁!!
大太鼓と太鼓舞台が迎えてくれて厳しい道のりながら300mの急坂を一気に登りきった。得意の下りは調子よく坂を下ったところで20km。22分を切る快走。

20km〜25km
再度緩やかな坂が500m。とにかくアップダウンの度にペースが変わるので、柔軟に対応することだけを心がけた。登りきったら一気に下り。得意の下りから徐々に気持ちペースを上げて抜きに入りました。ちょうど21分と自然にペースはあがる。この辺りから抜かれることはなくなった。たしかゴールまでに二人に抜かれただけ。

25km〜30km
フラットな道が続くけど、この辺りから足に疲れが見え始める。少しピッチを上げてカバーし21分台をキープ。

30km〜35km
細かいアップダウンがあって足にかなり堪えていたけど、22分半のペースを維持することだけを心がけて22分40秒。35kmからの登りに望みをつないだ。

35km〜40km
本当にきつかった40mの登り。全く足が動いていなかったけど、歩いては行けないという気持ちだけで走りました。ダイヤモンドヘッドと同じ40mの厳しさだったけど25分半で切り抜けて最後に望みをつないだ。

40km〜フィニッシュ
もう足が上がらず気持ちだけだったけど天気もよくて気持ちだけはあったので、11分でゴール。最後の競技場残り400で3時間7分30秒、さすがに2分もかかんないよなと思ったがあっさりそれ以上かかってましたね。でも一つの目標である3時間10分は切れて満足。応援してくれた皆さんありがとうございました。

ゴール後におにぎりと芋っこ汁というのをサービスでくれたり、道ばたでは地元のおばあちゃんがのんきに座って応援してくれていたり、ひとめぼれ2kgが参加賞とアップダウン満載のコース設定以外は良いレースでした。

次は当選した東京マラソンか、追加募集の筑波マラソンか。とりあえずつくばのレイトエントリーをがんばります。

参考情報:
当日の朝食
カロリーメイト4本+コーヒー
おにぎり2個、お味噌汁、ゆで卵1個、ウインナー、コーヒー
レース40分前にウィダーインゼリー(エナジー)1個

Entries of Category "04 SHINJI RUNNING"

★ スタート500mで!! (第62回別府大分毎日マラソン大会)
PTE5.0での走り込み二週間の結果
GPS ウォッチ SUUNTO AMBIT(スント アンビット)でトレーニング開始!
2013年はTARTHERZEAL(ターサージール)で勝負!
藤原新: トレーニング的位置づけの福岡国際マラソン

Trackbacks

SMORI with Tokyo

powered by smori.com
www.smori.com
admin@smori.com